料理関係


          料理を習い始めた動機

  能面を一緒に彫っている友人がいる。

       その友人より『男の料理教室』に行って見る?

        と誘いを受けた。

  妻が寝込んだ時の手助けにもなるかと思い、

  友人と一緒に料理教室に通い始め、5年目になりました。


 

・友人と一緒に始めた『男の料理教室』

 もう5年目を迎えようとしています。

 皆でワイワイガヤガヤ言いながら作る料理は

 とても楽しく勉強になる事も多いです。

 自分達で作った料理は、最後に全員で

 頂きます、味はそれぞれ個性が有り、

 何とも言えません。(最高です)

 

 ・山里の婦人の家で、催された

 『こんにゃく作りとソバ打ち体験講座』

 地元婦人会の皆様が丁寧に教えて下さり

 これもまた楽しかったです。

 

 出来立ての蒟蒻の味は今でも忘れませ

 ん。

 その後、この婦人会の方が開催される

 催しに何回となく参加させて頂きまし

 た。

 『手打ちうどん作り』『えごま団子』

 『イノシシ肉のご飯』『山菜料理の

  講習会』

  などなど・・・。

   婦人会の会長さんと親しくなり、

  個人的に、こんにゃく芋を売って頂き

  自宅でこんにゃく作りをして、

  近所の方にも配り、大好評でした。

 

 ・私と友人の料理への好奇心はさらに

  続き『手作りパン作り』へと進んで

  いきました。

  パン作りの教室は定員24名で、

  男性は僕と友人の二人だけでした。

  生イーストと強力粉を手こねして

  発酵させ 作った動物パン、

  とても美味しかったです。

 

  料理の味も、手間ひま掛ける愛情だと

 感じました。